目指す「牧のうどん」。

日曜日に打ったうどんを茹でていてふと博多のうどんは40分茹でるの記事を思い出し40分茹でてみる。時折茹でる鍋からつまみ食ううどんがどんどんと柔くもちになり茹で汁の塩けを含みこのまますべて平らげてしまいそうになる。一度水でしめもう一度湯がき牛肉のしぐれを添え温かい汁を注ぎたまごを割りズ。ふわりと汁を吸うふわもちな大好きな博多のうどんのようになる。旨と家族で取りあい啜る。目指す「牧のうどん」! …

続きを読む

日の出町の「母屋」の大広間でやさしいうどんを食べる。

家族三人そろう日曜日の二週目。キッコーゴの醤油を買いたいとあきる野に向かう。お昼は気になっていたところを目指す。日の出町のうどん屋さん「母屋」。福生から永田橋通りで向かう。 不意に現れる手前の民家の壁にここはいる。狭い路地を入ると正面に古い大きな家。入り口に大きく「うどん母屋」と暖簾が下がる。なかなかのロケーション。なんとなくテンションが上がる。 広い駐車場に車を止めてガラガラと引き…

続きを読む

三芳の「永井」の肉汁うどん。

久しぶりに三芳の「永井」。はじめて日曜日に訪れる。あんだけとめられる駐車場がいっぱいで道路に並び待つ。びっくり。少し待ち駐車場にとめる。入り口で名前を書きしばらく待つ。後にも車が道路に並ぶとても愛されているお店。 はじめて小上がりに。縁側のテーブル席。妻と二人で座るもなんだかお互い遠い長方形のテーブル。流れるBGMは琴の音色。味民のような感じ。小上がりでは小さい子供連れの家族がいい感じでう…

続きを読む