「中華そば みたか」のお持ち帰りの油そば。

天気もいいし少しだけ気晴らしに近場をドライブしようかと話す日曜日の朝。いいねとお昼を買いに三鷹ぐらいまで行こうかと五日市街道を走る。新緑が心地よい。なんでだろ、車に乗ると家族の会話が弾む。息子と妻とたわいもない話をしながらでもなんかいい空気。

三鷹駅のあたりにつきコインパーキングに車を止め目指す東急ストアの前のビルの地下。ひさしぶりの「中華そば みたか」。うきうきと階段を下ると並び。の横を通りお店の前に。お姉さんにお持ち帰りですかと尋ねられ、ハイ!お持ち帰りでと元気よく。

決めていた「油そばDXセット」をふたつ。麺、油タレ、チャーシューが二人前で1500円のやつを二つ。に、竹の子も一パック。店内でビールを飲みつまみを食べしめにラーメンの方々を少し恨めし気に眺めながら待つ。

セットをもらい、作り方の説明を聞いて、うちに帰る。とりあえず別皿でおつまみチャーシューにしてビールをちびりとやりながらお湯を沸かす。うまい。タレを湯煎し、麺をさっと茹で、盛り付けて、気分は「みたか」で油そばをつまみにまったりビールの昼下がり。

四角い断面のぱっつんの麺にからむ油というよりスープに絡むタレな油がのんびり食べるほど麺や具になじみしあわせになる。いつまで食べてるのの視線を感じながらいつまでも食べて飲む。

お湯で割りタレを飲み干しごちそうさま。とてもしあわせな午後。少し残った竹の子は夜のつまみ。

99425511_369701750654000_2939536928040550400_n.jpg

100051350_1497184830441023_7565568704172261376_n (1).jpg

101047956_679109766255926_2904664946103025664_n.jpg

100105749_189460308903053_6026380054534029312_n.jpg

100478071_264882431375166_1551516876520030208_n.jpg





小説 中華そば「江ぐち」 (新潮OH!文庫)



孤独の中華そば「江ぐち」


この記事へのコメント