野猿街道の究極ラーメン「高根家」で家系。

近くまで来たからと車を走らす野猿街道。八王子市絹ヶ丘。京王線の北野駅の少し手前の交差点に年季の入るすこしすけた黄色に赤の派手な建物。「家系」とシンプルに書かれた看板がなんかかわいい「ラーメン高根家」。

出入りは表からも裏からも。裏側に車を止めてこんにちは。厨房を囲むコの字のカウンター。が、野猿街道側には椅子がない立ち食いスタンドのよう。券売機でラーメンの食券を買い水を汲み席に着く。好みはと聞かれ「普通で」とお願いする。

古さの中にきちんと整いきれいにされているが伝わる店内。大きい寸胴が二つ。焚き上げる豚。店内の壁にかかる黄色い板に赤い文字のおしながきの板がいい感じ。上貼りされた値段の数字のフォントがこちらもかわいい。

カウンターには壺に入るにんにくと豆板醤にお酢とゴマにブラックペッパー。BGMはラジオ。麺をもみ茹でるお兄さんを眺めて待つ。少ししてラーメン並。どんと海苔とほうれん草にチャーシューが二枚。薄く油の膜が張るなかなかな麺顔。そそる。

いただきますとレンゲを啜る。熱々の家。さらりと飲める系。じんわりとくる豚。うまい。しばらくレンゲが止まらない。一息つき麺を啜る。細めの黄色い平打ちのもっちり麺。するすると。

ほうれん草を巻いて麺を啜り、海苔を巻いて麺を啜る。レンゲ、レンゲ、箸。と食べ進む。大事にとっておいたチャーシューをパク。むぎゅっと肉。どんぶりを持ち上げてスープを飲み干しごちそうさま。

満足。

99120494_679196292654843_8930053507436773376_n.jpg

97565261_331422397836219_5895415540922449920_n.jpg

99117268_549665705962539_7669960379677540352_n.jpg

98185663_250197729559317_4340481979263746048_n.jpg




おやつカンパニー カップブタメンとんこつ 37g×15個

この記事へのコメント