新所沢の「所沢大勝軒」

東池袋系ということばを生みだした言わずもがなの山岸さんのところの大勝軒。来るもの拒まずで弟子を取り、暖簾分けをした店は星の数ほどある大勝軒。その中でもここは行っておくべきと言われている大勝軒。最寄り駅は新所沢の「所沢大勝軒」。看板には「池袋 大勝軒」…。「東」がない。

初めましての麺顔は王道の面構え。レンゲで汁を一口含むと粘着がありつつもさらっとした魚介と豚。に、これが大勝軒の太麺だ!のストレートなもちな麺。しっかりと茹でられたゆで卵にかっちりなチャーシューと甘酢のメンマ。奇を衒わない王道の東池袋系。レンゲも箸も止まらない。ズババといっきに完食。汁も飲み干す。ゲップがしっかり魚介系。

広い駐車場につぎからつぎへと車がやってくる。そんな地元で愛されてますの店。

65476477_2265739173679392_286710520369643520_n.jpg

65089752_2490171051252272_7037758966281011200_n.jpg



Travelling Without Moving

この記事へのコメント